ホーム| お問合わせ| プライバシーポリシー| サイトマップ|

グループ理念

ホーム| 自動車販売・保険| 車両整備| タクシー・バス| 運輸| 電子部品・技術製造・総合商社|

グループ理念

感動ある未来へ

いま日本の社会は、いまだ人類が経験したことのない高度資本主義社会に突入しています。
豊かさをその生活の基盤に、高度に発達したメディアと情報網、複雑多様化する価値観。
そんななかで、人々はともすればその入手しえる膨大な情報量に反比例するかのように、生の人間としてのいきいきとしたきずなを失いがちです。
シミュレーション社会と言われるゆえんでしょうか。私たちダイコクグループは、こうした状況の中で、人々と共によりいきいきと企業活動を行いたいと願い、グループのテーマを「感動のある未来へ」と掲げました。
子供たちがその純粋なまなざしで、きたるべき未来に瞳を輝かせるように、私たちもまた同じように瞳を輝かせたいと思ったからです。
もとより、人間の未来予測には限界があります。しかしだからといって現状にあまんじてよいということにはなりません。
できる限り英知をはたらかせ、未来の変化を予測しなおかつ、多くの触手を持ち、予測できない変化にも敏感に対応できるシステム、ダイコクグループがグループとしての意味を持つのはまさにこのフレキシビリティあふれるシステムを目指しているからにほかなりません。これは決して難しいことではないはずです。
子供のように純粋に夢の実現を願い、未来に期待を持ち続けるしなやかな心。
この何事にでも感動できる感性さえあれば、それは十分可能なことだと考えます。

ダイコクグループ代表 紫藤 正行

グループマーク由来

由来 高度に発達したメディアと情報網、複雑多様化する価値観の中で、
生の人間としてのいきいきとした絆を失いがちですが、
ダイコクグループは、人々と共によりいきいきと企業活動を行うべく、
出来る限りの英知をはたらかせ(情熱)、未来の変化を予測し、
なおかつ多くの触手を持ち、予測できない変化にも敏感に対応(沈着冷静)
できるシステム、ダイコクグループがグループとしてのフレキシビリティ
あふれるシステムを目指す(水しぶき、波紋)集団であるという意味が
あります。それを日頃から馴染みのある感嘆符(ビックリマーク)で
表現しました。

ダイコクグループ

(c) copyright: Daikoku Group All Rights Reserved.